FC2ブログ
覚めぬ夢の微熱とは―…消えない憧れ。 (^^)去りて君想う...僕はただ意気地なし
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
ありったけの。
2011-11-07 Mon 03:33




自分のなかで出たひとつの答え。

それはさ、
一人ひとりと向き合って
出せたものやと思ってる。


でもな、

その過程がちょっと邪魔してる。


間違ってたんよ。
“ふたり”っていうのが。

お互いにとってよくなかった。




USJ辛かった。

一緒にいるのがじゃなくて
ただなんとなく。
なんでかは分からんのやけど。

ふたりでいて
こうなることがあるから

ふたりになってみやな
って思うんやけど。



自分的にはそれが結構、
ツラかったりしてね。


うまくいかない。


で、なんとなく
嫌な予感がしてね。

それがまた案の定な感じで。



『ふたりでUSJ行ったんです』

って言うからさ、
それがどんどん広まってく。


で、ふたりになったときに
『USJふたりやったんや…』
って言われて。

正直、わたしなんか
気にしてはらへんのやろう
と思ってたから

びっくりした。




遊んだ後、病んだっていうのは
彼女のことですか?

どうとらえたらいいんか
わからんけどね、


わたしと同じ
悩み方やったらな…

なんて。




誰かに認めてほしいのかも知れん。

そっとじゃなくて、
がっつり後ろから
背中押してほしいんよ。





でも、
絶対あかん道に違いはなくて。


この道に続く先は崖なんな。
進んだらあかんの
わかってんねん。

でも、それでも
気付いちゃったんやん。



合わんのわかってんのにな。

でも、幸せにならない道へ
進む決断がやっぱり
わたしには合ってるみたい。




こういうスタンスが
似合ってる。


しっくりくるんよな。

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<夢現 | Now-ing.. | これからのこと>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| Now-ing.. |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。