覚めぬ夢の微熱とは―…消えない憧れ。 (^^)去りて君想う...僕はただ意気地なし
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
2年半前の目標
2011-03-15 Tue 21:59




高校3年生の夏。

国公立理系から文転して、
国公立文系へ。


2学期が始まってから
見つけたのが
関大の指定校推薦枠。






小さい頃に
お母さんと約束した、

「お医者さんになる」

っていう小さな夢。
…高2の冬に挫折した。



それでも諦めきれんくて、
物理2、化学2、数学ⅢCまで
必死にしがみついて
なんとかやっていってた。


高3の春、
新しい目標を見つけるも
物理の大きすぎる壁を
越えられへんた。





で、高3の夏。

友達とのケンカがきっかけで
自分の現状を知った。


そこで見つけたのが
心理学っていう道。

元々、お姉ちゃんが
「心理学やりたい」
って言うてたのがはじまり。

心理学っていう分野を知った
最初のきっかけでした。




指定校推薦の一覧にある
関大の心理を見て、
まず引っかかったのが

社会学部

のなかに所属していること。




社会学なんて何するんか
よくわからんし、
文学部にある心理専修と

一体、何が違うんやろう

って思ってた。




関大に行ってる先輩とか
HP、コラムとか
出来る限りいろんな方法で
情報を集めて見つけたのが

“早期卒業制度”

やったんよね。




高3の9月に決めた
私の大学生活の目標。


多分、お父さんに
早期卒業するって宣言したから
っていうのも
自分の中では大きいと思う。

でも、それにも増して、
やっと目標を
実現できるところまできたのに、
諦めちゃっていいんかな…って。





就活か教員かっていう道も、
教育実習終わってから
決めようって思ってたん。

だから、いつまで経っても
選択肢を絞れない自分に
すごいウンザリする。




でも、これって
簡単に絞れるようなものでも
ないと思うんよね。

だから、時間ギリギリまで
考えてみようと思います。



答えが出るのかは別問題。

向き合うことが大事だよね、
きっと。







幸せについて本気出して
考えた。探していた。



スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0
<<夜空には億千の星 | Now-ing.. | 11年目。>>
この記事のコメント
Re:
こればっかりは俺は何とも言えん(´Д`)
よく考えて決めてくれ!!
どっちを選んでも最後はよかったって思えるぐらい(^^)
2011-03-16 Wed 01:48 | URL | ゆーじ #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| Now-ing.. |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。