FC2ブログ
覚めぬ夢の微熱とは―…消えない憧れ。 (^^)去りて君想う...僕はただ意気地なし
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
11年目。
2011-03-15 Tue 01:56




2000年のこの日から
あっという間に11年。

気がついたときから、
ずっと5時22分になったら
一回起きて黙祷してます。




11年前のあの日。
お姉ちゃんに起こされて、
お母さんがもういないことを
告げられました。

9歳の頃の出来事でも、
むっちゃ鮮明に覚えてる。



今でも目の前では
お母さんとお父さんが
隣に並んで
微笑みかけてくれてる。



お父さんが亡くなったとき、
お父さんの写真の隣に
お母さんの写真を置いたんよね。

お父さんの偲ぶ会のとき、
障害児教育研究会の人たちに



「なぜ写真を並べて置いたのか」

「なぜお経じゃなくて
 フォークソングを流したのか」


って聞かれた。

それは私のなかで
疑問にさえならんかったから
すごい吃驚したん覚えてる。



答えは単純明白。


後者は
お父さんの望みやって、
お姉ちゃんと妹と
3人で意見が合致したから。


前者は
私の独断。
少しでも早くお母さんに
会わせてあげたかったから。

2人が相思相愛なんを
娘の私も感じて知ってたから。

両親はわたしの憧れで
2人並んでる姿が
本当に大好きやったから。


それだけ。







お父さんの話をする
お母さんの表情も

お母さんの話をする
お父さんの表情も


他の何とも比べられんくらい
優しくて笑ってた。




「ゆいのこと、何番目に好き?」

って聞いたとき、

「2番目かな?」

って答えたお母さん。



もちろん、
お姉ちゃんも妹も
みーんな2番目。

一番好きなんは
「お父さん」なんやって。


子供の前で恥ずかしげもなく
そんな可愛いこと言える
お母さんが好き。




お父さんとお母さんの
結婚までの話も、
お父さんから聞いたことがある。

いつもは冷静なお父さんが
一生懸命アタックしたんやって。
お母さんには元々、
婚約者がいたらしい。
それでも諦めんかったお父さんが
すごくかっこよく思えた。


お父さんとお母さんが
出会ってくれて、
本当によかったと思う。





お姉ちゃんと妹がいてくれて
本当によかったと思う。

しょーもないことで
今2人ケンカしとるけど、
多分、ちょっと喋ったら
すぐ元に戻ると思うんよな。




姉妹3人そろって、
ホンマにワガママやとは
思うんやけどね。

お姉ちゃんは
お母さんが亡くなったときから
「長女」やからって
たくさんのプレッシャー、
ガマンと戦った結果やし、

妹は寂しいからやと思うんよ。

末っ子でお父さんに
お母さんの分も甘やかされて
育ったから余計にね。




わたしが2人をちゃんと
「結」んであげんとあかんな
って最近思うんよ。



「優」「結」「遊」
には、きっと大きな力がある。

三者三様、両親の願いが
ビックリするくらい
反映されてると思うよ。










3月15日。
お母さんの命日。

お父さんとは会えましたか?
おじいちゃんとも
仲良く笑って暮らしてますか?




お父さんとお母さんの眠る
新潟のお墓は無事やろうか。

新潟中越の地震のときみたいに
やっぱり
倒れちゃってるんやろうか。



お父さんの1月16日も
お母さんの3月15日も





なんで大きい地震の時期と
重なったんやろうな。

なんとなく、
なんとなくやけどね。


お父さんの命日が17日って
病院で言われたとき、
ほんのちょっとだけ
嫌な予感はしてたねん。



だから、言葉を失ったよ。

お父さんの親友も
親戚も栃木にいてはるし、
今回はわたしの友達も
被災地にいてるんやもん。


でも、
阪神淡路大震災のときよりも
いろんなものが
発達してるからきっと、
日本は大丈夫。

私は小さい揺れすら
感じてないけど、
できることはあるはず。



とりあえず、
募金箱見つけたら必ず、
募金するようにしてます。

あとは、
余震で恐怖に耐えてる
関東のポル友や笑友と
いつも通りの会話をする。


それくらい。







僕の大好きな歌
大きな声で歌ってみたら
遥か遠くに住んでいる
あの子の心へ届いた
そしてもっと広がって
争う人の心へ響き
世界中が平和になった
そんな明るい
ニュースはないかな?
朝も夜も何度でも
僕は君の笑う顔が見たい

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<2年半前の目標 | Now-ing.. | くちびるにうた>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| Now-ing.. |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。