覚めぬ夢の微熱とは―…消えない憧れ。 (^^)去りて君想う...僕はただ意気地なし
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
ほほえみ
2012-02-22 Wed 00:38




たった一ヶ月で本当に
いろんなことがあったよ。



『幸せなときは素直に
 幸せって言うとき』

って高校のとき友達に言われた。


幸せだよ。

でも今の状態がすごく怖い。
いつまた突き落とされるのか不安。


地上は不安定過ぎて
ふわふわしてる。




やっぱりなんだかんだ
地下にいる方が安心するんよね。

低空飛行がしっくりくる。






介護実習でね、
老人ホームで5日間過ごして

何回も泣きそうになった。





“おじいちゃんは
 幸せやったんやろうか”


そればっかりが

頭に浮かんでは消え、
消えては浮かんだ。




もっと会いに
行ってあげたらよかった


って今さら後悔しても遅いのにな。


いつも気付くのは
大切なものを失った後なんな。

だからみんな早く気付いて。




明日は我が身。
孝行したいときに親はなし。


やで、ホンマに。






おばあちゃんが寒そうに
手を擦ってはったからね、

手握って温めてあげたんよ。



それで仲良くなってさ、

最終日にまた会えたとき
覚えててくれはって
ホンマに感動したんよね。



帰りに見送り行ったあと、
冷えたわたしの手を
今度はそのおばあちゃんが
温めてくれはったん。

89歳のぬくもり。

おばあちゃんの手は
温かかった。





今度は自分のおばあちゃんの手も温めてあげようと思ったよ*





で、今日お姉ちゃんから
電話あってさ。




お母さんはわたしら3人のそばで
微笑んでくれてるみたいやで



って教えてくれた。

順番にまわってくれてるみたい。
お父さんの姿は
見えんかったらしいけど
お母さんはそばに
いてくれるんやって思ったら
なんか寂しくなくなった。



そりゃさ喋りたいし、
姿も見たいけどね。




お父さんは転生したんかな。


でも、やとしたら、
もうお父さんじゃなくなってる
ってことやから寂しいな。



なんてね。





でも転生するのは
自殺した人だけらしいから

…お父さんはちがうよね?



病気で死んじゃった人は
生を全うしたから
守護霊とかになるんだそうな。


そういわれてみれば
なんか納得してしまうー。





会いたいなあ。

お母さんとお父さんと
おじいちゃんに。




ゆたも元気でやってるかい?


スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
| Now-ing.. |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。