覚めぬ夢の微熱とは―…消えない憧れ。 (^^)去りて君想う...僕はただ意気地なし
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
消えてしまわないかな
2011-11-30 Wed 01:35



記憶をなくす方法、
ないかな。


忘れてしまった方が
楽な気がしてきたよ。

乗り越えられるような
ものではないし

別の何かで代えられるような
ものとも違うんやもの。


大切な思い出やから
なくしたくないって思ってたけど
12年分の記憶さえなくなれば
みんないるんやもんね。

お父さんもお母さんも
おじいちゃんも。


欲を言えば
15年分なくなれば
おじいちゃんも元気なわけで。


その頃が一番幸せやった。


お父さん、お母さんが
仕事終わりにおじいちゃん家に
迎えに来てくれる。

家族みんなで
川の字になって寝る。


もうそれ以上はないんやな。




家族でのディズニーランドも
新しい家の建築も

楽しみは何ひとつ、
実現されない。

楽しみの前に
必ず大切なものを失う。


それならなにも要らない。
そう思うのは当たり前やろ。





幸せになったらあかんのよ。

やのにメールを
待ってる自分がいる。

それくらい大きい存在。



でもこんなときに限って、
長文メールで追い詰められる。


“元の関係には
 戻れへんと思うけど…”


それが今のわたしには
いつもの何倍も何十倍も重いよ。
…辛いよ。


だからこそ、
やっぱりメールだけで
ドキドキをくれるあの先輩は
いつまで経っても消えない。



でも記憶さえ消せるのなら
全部全部忘れられる。

もうつかれたよ
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
| Now-ing.. | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。