覚めぬ夢の微熱とは―…消えない憧れ。 (^^)去りて君想う...僕はただ意気地なし
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
土星の輪っかに腰かけて
2011-07-19 Tue 02:02



たった一瞬で
すごく大きな力を
わたしに与えてくれる人。



一年前、初めて『ありがとう』を
伝えるために会いに行ったとき、


すごい遠くにいるはずの人が

こんなにも近くにいることが
ホンマに信じられへんかった。





きっと誰にも伝わらんけど、

大事な人をたった10年の間に
3回も失くしたわたしにとって


生きていくことに対する
絶望感とか失望感、

人に対する恐怖と諦め、


運命には逆らえへんねや
っていう

漠然とした喪失感と
自分の無力さ。




ありとあらゆる負の情動が
わあぁって溢れてた。





【物事を客観的にみれる】
んじゃなくてね、

関わっていくのが怖いから
【遠くから引いてみてしまう】
ようになってたん。

いつの間にか。






やからね、
もしかしたらわたし、
逃げてるんかも。





言葉にして
外に出さんくなった分、

行き場をなくした感情を
西野さんに向けることで
バランスとってるんかな。




言いたいことは言う。
やりたいことはやる。

そのためには努力する。




ずっとずっと
そうしてきたはずやのに、

感情を外に出すと
いろいろ面倒くさいから、
一歩引いたとこにいる。







やけど、

西野さんに会うためやったら
なんか頑張れる自分がいる。



会う機会を
作ってくれてはるんやったら


絶対会いに行こうって思うし、
いつか直接、
『ありがとう』って言いたい。





やからね、昨日、
入待ちして
誕生日プレゼント渡すとき


気付いて手差し伸べて
くれはったんが

ホンマに嬉しかったん。




スタッフさん厳しくて、
他の芸人のファンの人たちは

差し入れ渡すどころか
写真も握手も
出来ひん人ばっかりやったん。



向こうが気付いてくれんと
コミュニケーションが
成り立たへんっていう状況でね、

存在に気付いて
手を伸ばして
くれはったことだけで

わたしは次会うときまで
頑張れる気がするよ。




浴衣で漫才やって、
いつもと雰囲気も違った。

麦わらのハットが
よくお似合いでした;)



舞台から見渡して張るときに
目が合ったんは
勘違いかもしれんけど、

どきどきしたよ。




【不良あこがれ】じゃない
ネタ見るんも久しぶりやったし、

いっぱいいっぱい笑った。
ネタも長かったしね。


【森のくまさんの輪唱】
【廃校になった小学校で肝試し】

すごい好きなネタやったから
嬉しかった。

そして何より、楽しそうやった。




楽しそうなん見てるだけで
幸せを感じるよ。



次は8月10日。

それまでテストがんばる。



スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
| Now-ing.. | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。