覚めぬ夢の微熱とは―…消えない憧れ。 (^^)去りて君想う...僕はただ意気地なし
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
微笑みさえ消すのは
2010-11-23 Tue 00:21




明日が休みでよかった。
突然ふっとさ、
悲しみって襲ってくるねんな…

携帯触ってたらな、
お父さんからの
最後の受信メール出てきて。
何の躊躇もせず読んじゃった。


案の定、その次に出てくるのは

「しっかりしなあかんで」
「ゆっくり病院行きいな」
「しばらくはつらいやろうけど、
 投げ出さんとこうな」
「今日はゆっくり寝てな」


新聞見て心配して
メールくれた友達の言葉。



人の命って重いのに儚い。
神様っていいひんのかな。





2年前の今日。
大学の指定校の推薦入試で
はじめて大学の
キャンパス入ったなあ…。
なんで一学舎やったんかは
未だにわからんけど。

入試終わって、
家でひたすら大奥見てたなー


体調崩して寝てたとき、
お父さんがDVD借りに
わざわざ走ってくれたの
再放送の大奥の録画を見てて
思い出した。




あれから2年。
まだ2年前なのか。
もう2年も前なのか。


突然、声が聴きたくなったよ。
誰か電話の相手しておくれ。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
| Now-ing.. | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。